男の離婚と養育費について

男の離婚を考える場合、もし夫婦間に子供がいるならば、避けて通れないのが「養育費」に関

 

する問題です。
子供のいる夫婦が離婚する場合、子供の養育を続ける側は「親権」を持ち、養育を行わない側

 

は「養育費」を払う義務があります。
ほとんどの場合、それまで中心的に育児を行ってきた母親が親権を持つため、離婚することに

 

なると、男性側には養育費という金銭問題が発生することになります。
養育費については、相手側が再婚した場合には支払いの義務はなくなりますが、原則として子

 

供が成人するまで継続して支払っていかなければなりません。またこの支払いを行うことで、

 

別れて暮らす子供と会う「面会権」を持つことになります。
離婚後もずっと独身であれば、淡々と払い続けることも可能だと思いますが、再婚して、新し

 

い家庭を持った場合でも、支払いの義務は継続することに注意しておく必要があるでしょう。
双方が話し合って、金額や支払い方法を決めることもできますが、家庭裁判所の調停を経て離

 

婚する場合には、月々の支払額と支払い方法が決められ、その内容は調停調書として双方に交

 

付されます。
経済状況の変化や再婚などにより、支払いが難しくなる場合もあると思いますが、急に支払い

 

が止まったり、減額されるようなことがあれば、子供の生活にも影響が及ぶことになります。

 

もし支払いが難しくなった場合には減額を申し出るなど、男親として別れたお子さんへの義務

 

は果たしてあげてください。

af9920042558l